dhammavinaya.jp
法と律
テキスト提供者リスト(登録日時降順)

佐々木 閑

1956年、福井県生まれ。花園大学文学部仏教学科教授。京都大学工学部工業化学科および文学部哲学科仏教学専攻卒業。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。カリフォルニア大学大学院留学を経て、現職。文学博士。専門は仏教哲学、古代インド仏教学、仏教史。著書に『インド仏教変移論』、『日々是修行』、『科学するブッダ』、『別冊100分de名著 集中講義 大乗仏教こうしてブッダの教えは変容した』、『「律」に学ぶ生き方の智慧』等。

YouTubeチャンネル: Shizuka Sasaki, 再生リスト: 仏教とは何か

田形 行宏

1960年、静岡県静岡市清水区生まれ。

2015年、27年間勤めた(株)セブン-イレブン・ジャパンを55歳で早期退職。
2016年北海道大学大学院、文学研究科(思想文化学インド哲学科)修士課程入学。
2017年スリランカ、ベラデニヤ大学にて短期留学。
2019年北海道大学大学院、文学研究科(思想文化学インド哲学科)修士課程修了。

禅僧としての修行に加え、日本国内やミャンマー、タイでテーラワーダ仏教の修行を重ね、現在は臨済宗妙心寺派の瑞龍寺(北海道札幌)に止住。

石川 勇一

1971年、神奈川県相模原市生まれ。

現在、相模女子大学教授、法喜楽庵代表、日本トランスパーソナル心理学/精神医学会会長、臨床心理士、公認心理師、行者(初期仏教、修験道)、山中湖村在住。

心理療法の実践(病院、学生相談、私設心理相談室で約25年間)、スピリチュアリティの探究(約30年)、各種修行(修験道[熊野]、アマゾン・ネオ・シャーマニズム[ブラジル]、上座部仏教短期出家[ミャンマー、タイ])を経験し、初期仏教が最強であることを確信。現在、法喜楽庵で心理相談、瞑想会(通算100回以上)、瞑想リトリート(約20回)を行いつつ、独自のダンマ・セラピー(=心理療法+瞑想+ダンマ)を研究・実践中。(2020年9月現在)

主な著書:
『こころを救うことはできるのか:心理学・スピリチュアリティ・原始仏教からの探求 』(サンガ、2019年)
『スピリチュアリティ研究の到達点と展開』(コスモス・ライブラリー、2019年[編著])
『修行の心理学:修験道、アマゾン・ネオ・シャーマニズム、そしてダンマへ』(コスモス・ライブラリー 、2016年)
『新・臨床心理学事典:心の諸問題・治療と修養法・霊性 』(コスモス・ライブラリー、2016)
『スピリット・センタード・セラピー:瞑想意識による援助と悟り』(せせらぎ出版、2014)
『心理療法とスピリチュアリティ』(勁草書房、2011)
『スピリチュアル心理学入門 』(春風社、2009年)
『自己実現と心理療法:実存的苦悩へのアプローチ』(実務教育出版、1998年)
その他共著書、学術論文多数。

Phra Mahāpunnyō  (落合 隆)

1990年 バンコク、パクナム寺院にて出家得度。三年間在籍。

1996年 チョンブリー、ノーンダムルン寺院で再出家。ノーク寺院で教理修学。ウィウェークアーソム修行場で瞑想実践。

2000年 チェンマイ、プラプッタバート、ダモ寺院に止住。